福岡 大村美容ファッション専門学校への資料請求

保護者・ご担任の皆様へ

1929年に開業した1軒の美容室。それが、大村文化学園の原点です。そして、1954年の「大村美容専門学院」の開校以来60年、美容・ファッション業界へ多くのクリエイターを輩出してきました。昨年は、美容科に「ヘアメイクアーティストコース」、ファッション科に「ゴシック&ロリータファッションコース」と「プレス・FAコース」を新設し、開校60周年となる今年は3年制のファッションクリエイター科「ファッションクリエイターコース」を新設。私たち大村文化学園は「業界を牽引する人材を育成する」を教育理念に、変わりゆく時代を見極め、常に先頭を走り続けます。

学校法人大村文化学園
理事長 大村 陽之介

教育理念
一に人格、二に技術。

  美しさで人を輝かせること。それが、私たちの仕事の使命です。そして、そのために何より大切なのは、人を思いやる心であると私たちは考えます。
 「一に人格、二に技術」を教育理念に掲げ、まず豊かな人格を育むために、「挨拶」「返事」「時間厳守」などの社会人の基本を徹底指導します。学校周辺の奉仕活動などで地域に貢献し、感謝の心も育てていきます。技術教育では「技術は回数」を合言葉に、練習を繰り返し積むことで、技を体に覚えさせます。体で学んだことは、揺るぎない自信となって、みなさんをその先のステージへと導いてくれるでしょう。そして実習を通し、早い段階から一流に触れることで仕事への意識が高まり、即戦力となる高度な技術が身についていきます。また、私たちは入学時よりコンテストに出ることを奨励し、作品を創りたいという自主性を尊重します。コンテストに出ると、仲間や先生への感謝の心が芽生え、めざす世界の厳しさを目の当たりにします。そこで人格を磨き、技術を向上させることがいかに大切か、みなさんは身をもって実感することになるはずです。
 みなさんが思い描く「美」とは、どんなものですか。こんな作品を創りたいという熱い想いを、ぜひぶつけてほしい。
そしてデザインする歓びを、ともに分ち合いたい。
 人格と技術を兼ね備えた真のクリエイターが数多く誕生することを、私たちは心から願ってやみません。

沿 革

1929年
大村美容専門学校創設者・大村トミが、福岡で2番目となる洋髪専門店「ML美容室」をオープン。
1945年
前身となる「大村美容研究所」創設。美容師の技術指導を本格的に始める。
1954年
「大村美容専門学院」設立。教育理念は「一に人格、二に技術」。
1960年
初頭 半年間RKBテレビで、当時としては画期的な15分間の自社番組を放映。
1979年
専門学校として初のヨーロッパ研修を実施。
1984年
入学資格を「高校卒業以上」に設定。技術だけでなく人間形成にも力を入れるため、一定の年齢と経験を必要とした。
1989年
美容科に2年コースを設置。
1992年
学校法人 大村文化学園の認可を受ける。専修学校昇格に伴い、学校名を「大村美容専門学校」に変更。
1993年
大村美容専門学校本校舎完成。
1994年
メイクアップ専科を設置。
1996年
メイクアップ専科を2年生制に移行。理美容師法の改正。美容学校への入学資格が「高校卒業以上」、修学年数が「2年」となるが、オオムラでは既に実施していたため、体制変更は必要なかった。
1998年
大村美容専門学校新校舎「ルミエール」完成。斬新なデザインと快適な教育環境を実現。
1999年
「オムニススタジオ」完成。サロンワークを実践するトレーニングスタジオの設置。
2002年
姉妹校「専門学校 大村ファッションカレッジ」を開校。
ファッション学科新校舎完成。
2003年
「大村ファッションカレッジ」から「大村ファッションデザイン専門学校」へ校名変更。
2005年
大村美容専門学校新校舎(3号館)完成。
2007年
美容専門学校と美容業界がタイアップした日本初のスクール「OMULA BEAUTY LABORATORY」を開設。ヘアサロン激戦区の天神エリアに「O.designs」をオープン。
2010年
「大村美容専門学校」と「大村ファッションデザイン専門学校」を統合し、学校名を「大村美容ファッション専門学校」に変更。専門課程としては全国でも先駆けとなる3年制学科の「トップスタイリスト科」を新設。
2014年
美容科・ファッション科が文部科学省認可の職業実践専門課程となる。大村陽之介に代わり斉藤ちづるが学校長就任。
トップスタイリスト科再編。また、ファッション科から3年制を独立し「ファッションクリエイター科」とする。
2017年
トップスタイリスト科、メイク・エステ科が文部科学省認可の職業実践専門課程となる。



▲PAGETOP