ニュース

新型コロナウイルス感染に関する報告と今後の対応について

学校関係者各位

令和2年7月22日に本校グローバルビジネス科の在校生1名がPCR検査において陽性であることが判明しました。

福岡市保健所や福岡市新型コロナウイルス感染症相談ダイヤルにその事実を伝え相談したところ、クラスターは発生していないので、休校や校内一斉消毒などを行う必要はないとの返答をえましたが、今の状況を鑑み一斉休校を行うことにしました。

ただし、グローバルビジネス科が使用する校舎が他の学科の校舎と距離があることと、他学科の学生との交流も無かったため休校期間を下記のようにいたします。

グローバルビジネス科 7月23日~8月5日

他学科        7月23日~7月30日

またこの休校期間中に校内の消毒も実施いたします。

在校生の皆さんにはやっと授業が始まり学校にも慣れ、友人もできて来た時にまた休校にせざるを得ないことをとても申し訳なく思います。休校明けに皆さんが元気に登校してくれることを願い、不要不急の外出を避け、感染防止に注意した生活を送っていただくことをお願いいたします。

休校期間中に予定していました26日のオープンキャンパスは中止いたします。AO面談と入試説明会はオンライン面談にて対応するべく準備を進めています。参加を予定されていた方には大変ご迷惑をおかけしますが、皆様と学生や教職員の安全を第一に考えた処置ですので何卒ご理解ご協力をお願いいたします。

今後も状況が変わればこのホームページにてお知らせいたします。

大村文化学園
理事長 大村陽之介